2013/02/24

[IT] Bitcasaを利用する際の注意点

Bitcasaが色々なメディアに取り上げられているようです。
サービスを使うユーザが増えるのは嬉しいことですし、
アクセス増により広告収入が増えるこのブログの認知度が上がるのは嬉しいのですが、
今の段階でいくつか注意していただきたいことがあるので、
エントリとして記載しておきます。








結論から書いてしまうと、
今の段階ではDropBoxなどの代わりになるかと言えばNoです。


Infiniteフォルダを利用する場合ですが、
ネットに繋がっていないと使えないのは当然ながら、
「一時ファイルを作成するタイプのプログラムだと、
ファイル展開時にエラーが発生しファイルが破損することがある」
というものがあります。

具体的には、Excelファイルの利用は今の時点ではやらないでください。
Excelはファイルを開くと裏側で同じフォルダ内にテンポラリのファイルを作成したり、
オープンクローズを繰り返したりと通信を行っています。
Bitcasaのアプリケーションはそういったファイルの区別を行わず、
全部アップロードしようとしますが、
Infiniteフォルダ内に格納しているExcelファイルを開いた場合、
一時ファイルの整合性がアップロードのタイムラグなどにより合わなくなるのか、
破損して使えなくなります。
(無制限の履歴管理ができているので、壊れた場合には壊れる前の時刻データに戻せば済むのは救いですが)

DropBoxなどではそのあたりは調整されているのか、
あくまでローカルと同期を取っているだけなので、
問題がないのかもしれません。


常時作業などで利用するデータを格納するのではなく、
閲覧のみか単純なバックアップデータの格納先として利用するにとどめておく方がよさそうです。


どうやら中の人がこのブログも見ているらしいので、
対応するのを楽しみにしています。

0 件のコメント:

コメントを投稿